FC2ブログ

◎◎ボタンをねレースでね◎◎

2011.01.16 22:12|オードリーANN
marotatikur.jpgtatikur7.jpg

ふ~・・・。頭つかっちゃったよね。クロちゃんがもってきたボタン、なんだかくるんでみたくなってね。ハナコちゃんとすんごく考えたのよお。こう、なんてゆうか、一筆書き?みたいなの。こういって、こういって・・・てね。表から裏まで、四つ葉のモチーフで包み込んだかんじになるのよねっ?ハナコちゃん?!キャラメルみたいにコロンとなってかわいいよね☆
他にもボタンあるなあ・・・。まるい石や、スワロフスキークリスタルとかあ、ほかにも包んでみたらいいもの、あるかな???

tatikur2bu.jpg***タティングレースでくるんだペンダント***

「キャラメルって?お、おいしいの?いちど町でみたことあるよ!あまいんだよね・・・。食べたいな。モイタくん、作ってくれるかもっ!たのんでみよう。」(クロニャン)

niyannss.jpg
ぽちっとしてくださるとうれしいです
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村

チル丸オヤヂの小部屋・・・てれび日記
line_1.gif
tirumaru2n1.jpgオレがオヤヂかどうかはおいといて、実際、花だのケーキだのばっかしだとなんかしっくりこないってわけで、オレの好きなことを語っちゃうぜ。トンテンカンと仕事がすんだらやっぱりあれだ、ビールでものんで録画しておいた「てれび」をみるのさ。ジャンルはいろいろだけど好みはまあ、お笑いを中心としたバラエティー番組だな。

日曜日は「笑っていいとも!」増刊号。

チュートリアル徳井さんのイタリアひとり旅の話が印象的だったなあ。
ま、親切な人ににあって、ラッキーだった、てところは置いておいて。
知り合いになったイタリア人クラウディオだっけ?が大好きな日本人コメディアンが、
山崎邦正さんだってことが笑えた。その人、日本に来たとき大晦日に
ダウンタウンの「笑ってはいけない」シリーズのどれかを見たらしいんだよね。
「ヤマザキ・・・アウト!」て言葉までおぼえてて、
何回も言っては喜んでいるんだって。徳井さんは「僕はヤマザキさんと同じ会社(吉本)ですから、伝えますよ」
と言ったらオオヨロコビのクラウディオ?とにかく山崎邦正さんをベタボメ。
山崎邦正さんのリアクションはヨーロッパ人にも通じるんだなあ、て徳井さん言ってましたぜ。

戦場カメラマン渡部陽一さんがまた、笑いの最前線リポート?やってたね。
オリラジ藤森くんに「スピード」を学ぶ、てのがおもしろかったぜ。
あのチャラいラップをチカチカハートめがねをかけて、実演していたな。
ぜんぜんゆっくりだったけどな!

藤森くんといえば、思い出した、オードリーのラジオだよ。
金曜メンバーの新年会だか親睦会の幹事をやることになってしまっている若林くん。
「いいとも」本番中のCMの間ににタモリさんに予定を訊いたら「あ~もいいからオレがやるから」
と言われて、もしや、本番中失礼だったか?おこらせてしまったのか?と気に病んで
二晩くらい寝れないくらい悩んで、ついに藤森くんに電話した、て話。
藤森くんが仕事で中国だかどこだかとにかく海外に行っているのを知っていても、
あまりに思い悩んで国際電話をしてしまったという。

「わかさぁ~ん!どうしたんすか!?それで国際電話かけてきたんすか!おれの何個上なんすかあ~?!」
て若林くんの藤森モノマネがうますぎ。「ぅわっかりましたあ!」ていちいち素直にいう藤森くんもおもしろすぎ。
結局ただのドッキリでタモリさんは怒っていなかったってことなんだけどね。

春日さんが「歩く家庭の医学」だ!ていうエピソードもおもしろかったな。
なぜだか健康にくわしい春日さん。友達の健康相談をいつもうけていた、て。
そういえば有名な話で、若林くんが失恋して過呼吸になって死にそうだ!て思ったとき
「春日に電話したら、ビニールぶくろを口にあてろ」と教えられ、コンビニに飛び込んだ、
て言ってたもんな。

「ピカルの定理」の仏像コント・・・みたぜ。
「みろくぼさつ像」をピース又吉、「あしゅら像」をモンスターエンジン西森、て配役。
弥勒菩薩さまと阿修羅さまに失礼だから、いちおうひらがな表記なんだろね。
「調子乗っとったら、ぶつぞう!」
「どうぞー!」
「松岡修造!」
「ィエーイ!!」ってハイタッチしようとしたら、
あしゅら像のどの手としたらいいのかややこしい、ていう。・・・そしてお笑い芸人になる練習・・・。


(チル丸がオヤヂ口調なので時々敬称略になることをお許しください。筆者)

「ポチッとしていただけるとうれしいぜっ」
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
hanako2b2.jpgハナコのオススメ本

今は、「本について書いた本」が大好きなワタシが思いついた本を並べています。

「鞄に本だけつめこんで 」(新潮文庫) 群 ようこさん(著)です。群 ようこさんが、日日の暮らしの中で親しんだ24冊の本を紹介。楽しめます☆
鞄に本だけつめこんで (新潮文庫)
「アメーバのように。私の本棚 」(ちくま文庫) 中野 翠さん(著)です。中野さんのコラム、エッセイは電車のなかなどでよく読みました。楽しいです。この本はここ20年間に書いた書評から選んだ「ベスト・オブ・中野書評」だそうです。
アメーバのように。私の本棚 (ちくま文庫)
「作家の値段 」(講談社文庫) [文庫] 出久根 達郎さん (著) です。本のこと・・・ていえば出久根 達郎さんかな?と思い出しました。古本屋さんをやっていらしたのですよね。本のこといろいろご存知なんですね・・・。おもしろいんです、この本。
作家の値段 (講談社文庫)
「林真理子の名作読本 」(文春文庫) [文庫] 林 真理子さん (著) です。林真理子さんが選んだ54冊もの本・・・。読書案内というのでしょうか?とってもとってもおもしろい本でした。本について書いた本って大好きなんです。
本のことを書いた本といえば、三浦しをんさんの「三四郎はそれから門を出た」(ポプラ文庫) 。こちらもオススメです。
林真理子の名作読本 (文春文庫)
三四郎はそれから門を出た (ポプラ文庫)
「ブラックマヨネーズ吉田敬のぶつぶつ」 (ヨシモトブックス) 吉田 敬 さん(ブラックマヨネーズ) (著) です。ブラマヨ吉田さんのこんな本はいかがでしょう?って、言ってくれよなっ!とチル丸さんより。
ワタシも読んでみようと思います。
ブラックマヨネーズ吉田敬のぶつぶつ (ヨシモトブックス)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:お笑い/バラエティ 全般
ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

moita

Author:moita
店長のモイタです。趣味は銀みがき。きゅきゅきゅっときゅきゅきゅっと(百回つづく…)光らせるのが大好きです!

リンク

☆☆☆

カテゴリ

☆☆☆

最新記事

楽天市場

Amazon books&・・・

メールフォーム

お手紙はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR