FC2ブログ
2013.07.04 20:37|333・コント勉強会
hanakoinumaru.jpg

キミにもあげるからね?

「ね?」(クロニャン)
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

【チル丸オヤヂの小部屋・・・てれび日記】
tirumarunw.jpg

「333」トリオさんの「コント勉強会」
東京03さんをゲストに迎えて・・・・・・・

のつづきをまだ言う。

ジューシーズのネタ作りは松橋さんが中心。
児玉さんが作ることもあるが、自分の書いたボケを絶対に変更しない、
というのが、まあ、困りもの?ナルシストだから(?)

ジューシーズのネタの特徴はツッコミが不在なところ。
3人でボケるめずらしいトリオ。

ジューシーズで一番笑わせてくれたのは赤羽さん。
最近ブラマヨ小杉さんがかわいがっているおデブなボケキャラ。
仮病で1週間ネタ会議をさぼった「ダメ人間」、て話が
東京03の3人にもウケて。みんな大笑い。

パンサーのネタへのこだわりは、
まず、ネタ書き担当菅さんのアンケート回答から、
「なるべく日常にありそうな感じのネタを作る。
キャラを入れられる人がいないので、
各々の人間性から外れたボケは入れないようにしています。」

次に尾形さんの回答
「とにかくインパクトが出るように大きな声でやるようにしています。
相方がネタ中に僕で笑ってくれたりすると、もっと元気が出るので
相方を笑かそうと思ってやるようにしています。」

小学生の作文!?・・・と全員が笑った尾形さんのお答えだった。

しかし菅さんの言う「キャラを入れられる人がいない」という部分、
これが問題(笑)

菅さんが爆弾投入。
「”尾形”というキャラが見えているかもしれませんが、
ネタ書いている側からしたら使い辛いだけの人間ですから」

わ~・・・と全員。きたきたー、またケンカ~?て。

菅「ジャンポケって、斉藤はキャラ少ないって武山が言ってましたけど、
濃いキャラクターは何個もできる。」

向井「演技が上手いですからね、斉藤は」

菅「太田もなんでもできますし。・・・・・・・言っても・・・・
(尾形さんを指し)ひとつしかできないんで。」
(尾形さんはいつでも尾形さん、という意味)

太田「だから菅さんは、キャラクターがとんでたり、世界観があるやつだと、
僕らにくれるんですよ、設定を。」

ここでパンサーの問題が浮かび上がったわけ。
「できないネタはジャンポケに譲渡している」という哀しい事実。

飯塚さんも「うわ~・・・、それは歯がゆいですねー!」と同情。

ここから多少芝居がかったケンカが展開。

菅「うわ、これ無理だ、尾形が居る、このネタ無理だ・・・て」

尾形「なんで諦めんだよ!?俺にだって可能性あるだろぉ!?」

尾形さんが飯塚さんに向って「可能性あるでしょおが!?」と吠えるので、
「知らねえよ、お前の可能性なんか!」と飯塚さんは返すが、

「コントを作る上では使いづらいかもしれないけど、
バラエティ番組なんかでは・・・ね?」

とフォローもしてくださって。

菅さんも「そうです。そこは別になんのもんくもないですよ。
バラエティとか出て(尾形は)ハマってんな?スゴイスゴイと
思ってますよ。」と同意。ただ「スゴイスゴイ」と言って拍手する
しぐさがかなり人をバカにしてるけど。

尾形さんが笑えるのは、その辺はもうスルーして、
「俺はでも、ネタをー!しっかりやりたいんス!
お笑い芸人ってやっぱ、ネタじゃないっスか。」
と熱く語るところ。

飯塚さんはもう、たまらなくて。そんな尾形さんを見て
ニヤニヤ笑いが止まらなくなる。ただ、
「でも、ちょっとこれはー・・・
『うちらじゃできない』ていう悩みは、
けっこうしんどいかもしれないですね?」
とその深刻さは理解。

角田さんも「辛いですよね」と。

東京03にもそういうことは「たまーに」あるが・・・
と自分たちの場合を語る飯塚さん。
でもね・・・「豊本にはけっこう色々なことをしてもらえたりとか
するんで」・・・というのは
豊本さんは、長台詞もできるし、女装もやったり、たまにちょっと出てきて
おいしかったりする役とか、様々な演技ができるから、、、
と、豊本さんの演技者としての幅広い活躍を褒め、感謝しているわけで。

さらにジャンポケ斉藤さんが、「演技」について言い出すと、、、

斉藤「コントというのは演技ができていないと、
まず(見ているほうは)入り込めないと思うんですよ。
まず笑いに変える前にちゃんと演技でお客さんを引きつけないと、
棒読みだったりでは、その時点で見る気がなくなっちゃう。
だから、尾形さんは”そのもの”で・・・」

尾形「いや、こいつだって演技力ねーから!」

斉藤「はい、菅さんも演技力無いですけども」

尾形「ほら、お前だってねーよ!ねーよ、ねーよ!!!」

というおバカな盛り上がりは、置いておいて、

東京03は「演技」についてどのように語ったのか、だよ。

豊本「うちらのネタはリアルにやっていればいいから、
そんなに深く考えることもなく、わりとやりやすい・・・」

飯塚「けっこう”自分の言葉”なので・・・演技もなにも無いから。
まあ角ちゃんはちょっと、スゴイと思いますけど。
(演技力が)」

角田「え?、いやいや・・・(照れる)」

太田「やめてくださいよ!
すげえホッコリしてるじゃないですか!?03さんだけ!!」

そう言われてもしきりに照れて、隣の飯塚さんをポンポンと
叩いたりする角田さん・・・ホントのマジ照れかよ!?
と驚いたぜ(笑)いいね。

まあしかし、そんな角田さんも昔は児玉さんのように
「我」が強く、自分のボケはウケなくても訂正しない、
という人だった、ということだが、10年を経ていろいろ変わったと、
そういうことらしい。

東京03の「こだわり」は、
コントの中の人物設定から、はみでたことは、
どんなにウケそうでも言わない、ということ。
ウケそうなワードとかはあるとしても、話の流れ上
おかしかったら言わない、、、と言う飯塚さん。

ジャンポケ太田さんは
「そうですよね、僕はそう思うんですが、
でも意外と、そういうところがウケるので・・・
斉藤はそういうの言いたい人なんです。ま、今
初めて言ったんですけど、これ。」

絶妙に複雑な顔をする斉藤さん。
これはさっきのお返しなのか?太田さん!?

ちょっと前、面白くないネタでも太田が楽しそうに
しているので、実は言い出せなくて合わせて笑っていた、
と斉藤さんが言いだす一幕があったんだよね。

とにかくヤバいジャンポケだよ(笑)

この「コント勉強会」は前後編、て2回の放送予定だったが、
内容が濃いのでさらに3回目も来週?放送されるらしい。
(?もう明後日になるか・・・)


(チル丸がオヤヂ口調なので時々敬称略になることをお許しください。筆者)

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
スポンサーサイト



テーマ:お笑い/バラエティ 全般
ジャンル:テレビ・ラジオ

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

moita

Author:moita
店長のモイタです。趣味は銀みがき。きゅきゅきゅっときゅきゅきゅっと(百回つづく…)光らせるのが大好きです!

リンク

☆☆☆

カテゴリ

☆☆☆

最新記事

楽天市場

Amazon books&・・・

メールフォーム

お手紙はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR