FC2ブログ
moyou3341.jpg

もうひとつ描いたよ。

「ふふ。」(クロニャン)
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

【チル丸オヤヂの小部屋・・・てれび日記】
tirumarunw.jpg

「ブラマヨとゆかいな仲間達」でのCOWCOWの話。

大阪で賞をいくつかとり、いろいろな番組出演もしたところで、
満を持して東京に進出したCOWCOW、の苦労時代について。

東京進出した直後2001年にM-1グランプリが始まる。

「それですべて人生がひっくり返った」と多田さんは言う。

合計3回挑戦したが、3回とも決勝に行けなかった。
そこからがCOWCOWにとっての「暗黒の時代」。

「決勝に行けなかった・・・その傷は物凄く深いです。」と
與志さんも言う。

多田さんの定番衣装「伊勢丹スーツ」はそのM-1でデビューだった、
という話は何度か聞いた気がするが・・・

「東京はパッと見ただけでボケとツッコミが分からなアカン!」
という與志さんの考えで、多田さんが原宿で「分かりやすい派手な衣装」
としてこの「伊勢丹の紙袋柄スーツ」を見つけてきたんだよね?

関西人の彼らは、この柄が東京では「伊勢丹」を連想させることを
知らなかった。ライブのアンケートで多くの人に「伊勢丹」と
書かれてはじめてそれ知る。

それなら、てことでM-1準決勝でつかみとして言ってみると・・・

「どーもー、伊勢丹の紙袋でーす!」

ドカーン!とウケた。それはよかったのだが、
そこから漫才を始めたら、結局「伊勢丹」と言った時が

多田「笑いのピークやったんです。」

小杉「ツカミ過ぎて握りつぶしてしまった!?」

ウケ過ぎた・・・と與志さんも言う。そのあとしばらく
お客さんはざわざわして、、、笑いの量は右肩下がりだった、、、。

2001から2003まで、3回M-1に出場して、いずれも準決勝敗退、
その後、COWCOWは目標を見失う。

テレビも劇場もM-1で活躍した人を使いだす。

出れるところが無い。「漫才やっててもしょうがない」
とまで感じた。

吉田「・・・つらかったわけじゃないですか?
・・・この先輩のひとことに救われた、という事はありますか?」

多田「ナイナイの岡村さんが・・・」

多田さんが岡村さんの「お見合い会」のお世話をしている話は
ナイナイのラジオなんかで何回か耳にしたな。大吉さんとかと
同じで、岡村さんの「おもり役」やってるんだよね?(笑)

岡村さんはそういうときに言った。
「こいつ、COWCOWの多田、お前ら知らんかもしれんけど、
いずれ知るようになるから!」

そう言っていただいたことが励みになった、
「岡村さん、そう思ってくれてはるんだ、
それならもっと頑張ろうかな」という気持ちになった、と多田さん。

COWCOW主催のイベント「秒殺」がはじまった経緯、
などの話もありつつ、COWCOWがそれぞれひとりでR-1ぐらんぷりに
出場して、がんばっていく、、、という件は

つづく。

「ツッコミはボケの人がいないと!?」
ていうことで、小杉さんと與志さんが盛り上がったくだりは
おもしろいよ。


(チル丸がオヤヂ口調なので時々敬称略になることをお許しください。筆者)

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
スポンサーサイト



テーマ:お笑い/バラエティ 全般
ジャンル:テレビ・ラジオ

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

moita

Author:moita
店長のモイタです。趣味は銀みがき。きゅきゅきゅっときゅきゅきゅっと(百回つづく…)光らせるのが大好きです!

リンク

☆☆☆

カテゴリ

☆☆☆

最新記事

楽天市場

Amazon books&・・・

メールフォーム

お手紙はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR