FC2ブログ
2013.06.06 22:03|ハマカーン
tiruhatomoyou1.jpg

模様を彫りたい気持ちだ。
これじゃない、違う形のハートに。
どうだろうか?

「どうだろうかなっ!?」(クロニャン)
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

【チル丸オヤヂの小部屋・・・てれび日記】
tirumarunw.jpg

今日、雑誌ダ・ヴィンチを買って読んだので、
ハマカーンの話になる。

今月の特集が「BOOK OF THE YEAR2013上半期」だったし、
若林エッセイの最新が読めるしな、て思ったし、、、だったが、

いいページを発見☆☆☆

「上半期大ブレイク!ハマカーンの読書事情」

パッと見て浜谷さんオススメの3冊、神田さんオススメの3冊、
が目に入ったが、それぞれの3冊の内1冊づつがオレの本棚にもある本だったので、
親しみが湧き、興味が持てた。

いや、ね、ちょっと読みかけて、
浜谷さんは少年マンガ、神田さんは少女マンガが好き、で、
「おまえは女子か!」ていう漫才のような展開で、、、
おいおいまたかよ?て、始めは半笑いだったんだが・・・

意外な収穫があったよ(笑)

ま、参考までにその漫才的やりとりもちょっとご紹介。↓

神田「え、あれって泣くところ!?薄気味悪いよ!」
浜谷「あれが哀愁っていうんだよ!」
神田「どうして時間使って哀愁を得なきゃいけないの?
夢と希望が欲しいよ!少女マンガみたいにね。」
浜谷「少女マンガって恋愛ばっかで、もっとゴキブリになって戦うとかさあ、
そういうのないの?」


意外な収穫、それは「下衆の極み!」のルーツがわかったこと。
インタビュアーさんが
「浜谷さんの『下衆の極み』に代表される決め台詞は、
たしかに少年・青年マンガ的ですよね?」と言ったら浜谷さんは
わかりやすく説明していた。

~あれは時代劇の「遠山の金さん」と「北斗の拳」が混ざってるんですよ。
ケンシロウってヒーローなのに、結構言葉が汚いんですよね。
「雑魚」だとか「どうしたハゲそれまでか」だとか。で、そんな中に
「下衆野郎」っていうのがあって。これと金さんの「人に非ず!」
みたいな仰々しい言い方を付け足して生まれたんです~


おもしろかったのは「浜谷さんの怒りがふつふつとこみ上げた本」の話。

「年商3億円を120億円に変える仕事術」という本ね。

浜谷さんいわく、「だってお笑いの世界に置き換えたら、
レギュラー番組3本を12本に変えるとか、そういう意味でしょ?
レギュラー3本って、そこまでが大変なんだろ!て。
・・・しかしレギュラー12本を目指すって・・・・
『鬼畜の所業』以上だな(笑)」

ハマカーンが”今年の大ブレイク”について聞かれた部分には
オードリー若林さんが登場。同じ事務所の仲良しだから、オードリー
ハマカーン、Hi-Hi、などのみなさんは・・・。

浜谷「THE MANZAIから3か月くらいは不安はありましたよね。
そんなときにオードリーの若林くんが『何も悩まないほうがいいよ』
と言ってくれて。」

神田「~・・・でも若の『(ウケる確立は)4割でいいから』て言葉には
救われました。若が4割でやってきたというわけでは決してないけど、
僕らを楽にしてくれたんだね。だから、今は楽しもう!と思ってやってます。
スタジオで何もしゃべれなかった時とか死ぬほど落ち込むんですけど、
そんな気持ちもスタジオに置いてこよう、と。」


若林さんはみんながハマカーンを祝福してくれる中、
「大変だよ~」近づいてきて、
「腕のいいマッサージ師を見つけるべき。」とか
「良い点滴打ってくれるとこなら知ってるよ。」とか、
言ったのだそうだ・・・

身内ならでは、そして「大ブレイク」で大変な思いをしたオードリー
ならでは、の即役立つ”お祝い”だったのだね?

ところで、ハマカーンのこんな本があることは知らなかった↓
下衆と女子の極み 強くなりたきゃパンを食え
どういうタイトルだよ?・・・あ、これから出る本なんですね?


(チル丸がオヤヂ口調なので時々敬称略になることをお許しください。筆者)

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
スポンサーサイト



テーマ:お笑い/バラエティ 全般
ジャンル:テレビ・ラジオ

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

moita

Author:moita
店長のモイタです。趣味は銀みがき。きゅきゅきゅっときゅきゅきゅっと(百回つづく…)光らせるのが大好きです!

リンク

☆☆☆

カテゴリ

☆☆☆

最新記事

楽天市場

Amazon books&・・・

メールフォーム

お手紙はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR